(+150.5pips)指標トレードのコツ

head22

こんにちは。イサムです。しばらくボラティリティの低さで手を出しにくい状況が続いていましたが、イエレンFRB議長講演を受け、先週末にドル高の動きを見せ
ドル円は、月曜の朝102円台までじりじり上げてきました。

ドル円
8-29usd講演開始直後は不安定な動きを見せていましたが、
下値を確かめた後上昇へ。エントリーポイントは青ラインを再度抜けてきたあたり。
直近の高値を抜けるかどうかという場所ですね。

指標トレードは、最初はいろいろな思惑で乱高下することが多いので注意が必要です。
図で流れをみてみると・・・
g1このように、動きが弱いところから、発表時間に乱高下。
その後しばらくすると流れが出る。というパターンは多くみられます。
見極められない時や、自分のパターンに当てはまらない時は
しっかり「待つこと」「見送ること」を選択していきましょう。
くれぐれもギャンブルトレードにならないよう無理なトレードは避けてください。

head22

関連記事

イサムNEWS

c

2015.9.14

スマートフォンからブログを見る場合

スマートフォンからこのブログを見ている方へ、PCと同じように見られる方法をご紹介します。 …

ページ上部へ戻る