(+186.7pips) バンドの狭さがポイントです。

head22

こんにちは。イサムです。
ユーロ円
3-1eurjpyバンドが狭く力をためたところからの「売りトレード」です。
「トレンド発生場面」は「戻り売り」よりも粘ることができますね。
戻り売りはいつまで続くかはわかりませんので、細いところからの抜け出しのほうが安心できるポイントとなります。
エントリー前のカラーバンドに刺さったヒゲと赤ラインにあるヒゲがエントリーの後押ししてくれました。
ただ早い時間だったので、小さいトレンドで終わってしまうと戻ってきてしまうこともあります。
その場合は欧州時間、NY時間と損切りを入れなおすとよいでしょう!

 
head22

関連記事

イサムNEWS

c

2015.9.14

スマートフォンからブログを見る場合

スマートフォンからこのブログを見ている方へ、PCと同じように見られる方法をご紹介します。 …

ページ上部へ戻る