(合計+171.9pips)解説:戻りトレード

head22

まずはオージー円
12-8aud赤ラインとミドルラインの下でもみ合っていた付近でエントリー
順調に下がりカラーバンドが傾いてきましたので持越し、私は朝の赤ラインタッチで決済しましたが、まだ下がってます!

ニュージー円
12-8nzd普段ブログでお見せしていない通貨ですが「戻りトレード」の解説にぴったりな場面です。
12-801急激な上昇でバンドの幅を広げ、本来なら押し目買いを狙いたいのですが、青ゾーンの下に抜け出し赤ラインも抜け出してきました。
ここで第一のポイントですが、赤ラインに刺さったヒゲの発生です。
一度下がりもう一度上がろうとしましたが、赤ラインに押されヒゲが発生。ここで下がるかも!?となります。

「カラーバンドが広がった形から、今度は力をためるため戻ろうとする」ところを狙ったトレードです。戻りトレードは、うまく行けばカラーバンドの下限まで狙うことが出来ますが
今回は赤ラインタッチで決済しています。
時間の余裕があれば、カラーバンドの下限まで来るか粘ってもよさそうですが、
逆もあり得ます!赤ゾーンから出てきたあたりで決済すると利益が減ることもあります。
粘る場合は、そうなっても「まぁいいか」と思ってくださいね!

head22

関連記事

イサムNEWS

c

2015.9.14

スマートフォンからブログを見る場合

スマートフォンからこのブログを見ている方へ、PCと同じように見られる方法をご紹介します。 …

ページ上部へ戻る